12月24日 ホーム柵署名活動

2019年最後の署名活動を、12月24日に行いました。

場所は高島屋前です。

クリスマスということもあり、平日の昼間でしたが多くの人が行きかっていました。

署名とたくさんの募金が集まりました。ご協力いただいた方々、ありがとうございました。

京都市烏丸線の既存の3駅からホーム柵の設置の計画は発表しています。

新聞報道では2022年までに北大路駅にも設置がされるようです。

私たちは烏丸線の全駅にホーム柵の設置を求め、今後も活動を継続します。

f:id:jcilhontai:20191226125911j:plain

 

地下鉄ホーム柵設置署名活動

3月28日、「すべての人に安全な駅ホーム設置を進める会」の署名活動が行われました。
場所はJR二条駅付近。
風邪がとても強く、寒い日でしたが多くの方にご協力をいただきました。
ありがとうございました。
ホーム柵は、設置がなかなか進まない状況がありますが、新駅には付けられる傾向が出てきています。
3月に新設されたJR西の「梅小路京都西駅」でもホーム柵がつけられています。
先日行ってきたのでその写真も添付します。
これからも安全な駅ホームを目指して活動を続けていきます。

イメージ 2



二条駅前の署名活動




名古屋城エレベータつけろデモに行ってきました!

6月19日に名古屋であったデモに参加してきた報告です。
もうみなさんご存じなので内容は省きます。
沢山の人が集まって壮観でした。
マスコミ報道では500人、主催者発表は不明ですが800人ぐらいだったように感じます。
関西からの参加者が多かったようです。
写真張り付けます。
河村さんの方針を撤回させましょう!

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6


集会案内「生活保護を引き下げないで!充実させて!」

集会案內「生活保護を引き下げないで!充実させて!」

日時:2018年4月28日(土)14:00~16:30
場所:京都市多文化交流ネットワークサロン・ホール
講師:吉永純さん(花園大学教授、元生活保護ケースワーカー
参加費無料


生活保護がまた下げられます

2013年から3回に分けて、生活扶助費680億円、10%が下げられました。政府はまた下げると言うのです!
今回の引き下げは、今年の10月から3年かけて行われます。生活保護をつかっている世帯の7割が下げられます。引き下げ額は160億円。都会に住んでいる親子4人だと9000円も下がります。

生活保護が下がると使っている人だけが困るのではありません。最低賃金、就学援助、住民税の非課税などの基準になっています。生活保護費が下がると、他の額も下げられ、貧困に苦しむ人がさらに困ることになります。
私たちは、今回の生活保護の引き下げに反対し、制度の充実を求める企画を行います。

生活保護ケースワーカーの経験があり、現場をよく知る花園大学の吉永純さんにお話しをしてもらって、制度の改悪について考えたいと思います。是非ご参加ください!

主催・連絡先:生活保護の改悪に反対する人々の会
京都市南区東九条松田町28メゾングラース京都十条101
電話075-671-8484
FAX075-671-8418

生活保護の改悪に反対する人々の会の募金活動

4月15日14:00-16:00に高島屋前で生活保護の改悪に反対する人々の会の募金、宣伝活動を行いました。
10月にも再度の引き下げが行われようとしており、生保の改悪に反対するために道行く人たちに呼びかけました。
募金も集めました。
多くの方々にビラを受け取っていただき、多くの募金も集まりました。
ご協力ありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2



ブルース・ダーリングさんと尾上浩二さんの対談会

3月20日に大阪で行われた、NCIL (全米自立生活センター協議会) 代表のブルース・ダーリングさんと DPI 日本会議副議長の尾上浩二さんによる対談会に参加してきました。日米両国の自立生活運動を牽引する二人による対談会とあって、会場はたくさんの自立生活運動関係者によって埋め尽くされていました。


「日米の自立生活運動の歩み 今を語る」と題された今回の対談会。ブルースさんからは、アメリカには1990年からADA法 (障害を持つアメリカ人法) という障害者差別禁止法が存在しているにもかかわらず、いまだに障害者に対する差別が絶えないこと、またその差別に対抗し障害者の権利を守るために ADAPT (アダプト) と呼ばれる障害当事者組織が各地で結成され、時には警察と対峙しながらも全米規模で運動を推進していることなどが紹介されました。実際に ADAPT がどのような運動を行っているのかを紹介したビデオが↓のリンクから視聴可能ですので、是非一度見てみてください。

また尾上さんからは、「保護の客体から権利の主体へ」というテーマで、日本における自立生活運動の歴史が、ご自身の体験も踏まえてわかりやすく紹介されました。


対談会の最後には、アメリカで ADAPT が運動を行う際に必ずかけられる掛け声↓を全員で大声で叫び、会場が大いに盛り上がりました。

“How do you spell power!!??” (パワーってつづりはどう書くの!?)
“A・D・A・P・T!!!!!” (ADAPTだ!!!)

イメージ 1

イメージ 2